So-net無料ブログ作成
ハゲタカ ブログトップ

ハゲタカ 第2話のあらすじ [ハゲタカ]

ハゲタカ 第2話のあらすじ

2001年、鷲津(綾野剛)らは三葉銀行が抱える老舗寝具メーカーの債権ば買い取り、経営権ば握るとよ。
鷲津は債権放棄と引き換えに、これまで放漫経営ば続けてきた創業者の娘で社長の瑞恵ら一族中心の現経営陣に退任ば迫るとよ。
やけど、瑞恵は鷲津に敵意ばむき出しにし、交渉は決裂するとよ。
同じ頃、勤務先のホテルば辞め、日光に戻った貴子(沢尻エリカ)は、三葉銀行の芝野(渡部篤郎)の助力ば得て、実家の老舗ホテルの再建に奔走するが…。

新装版 ハゲタカ2(上) (講談社文庫)

新装版 ハゲタカ2(上) (講談社文庫)

  • 出版社/メーカー: 講談社
  • 発売日: 2013/10/16
  • メディア: Kindle版



nice!(0) 
共通テーマ:テレビ

ハゲタカ 第1話のあらすじ [ハゲタカ]

ハゲタカ 第1話のあらすじ

1997年、バブル崩壊で抱えた膨大な不良債権の処理ば担当する三葉銀行の芝野(渡部篤郎)は、回収困難な債権ば一括にまとめて売り出す「バルクセール」ば実施するとよ。
買い手に名乗りば上げた外資系投資ファンドの社長・鷲津(綾野剛)が銀行に乗り込んできたとよ。
鷲津らは、簿価総額700億円ば超える債権ば査定し、たった9%の価格まで買いたたく。
鷲津による債務者への容赦なか債権回収が始まったとよ。
ホテルのフロントマネジャー・貴子(沢尻エリカ)はロビーで鷲津に抗議する料亭オーナーばとりなすが…。


nice!(1) 
共通テーマ:テレビ
ハゲタカ ブログトップ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。