So-net無料ブログ作成
不発弾~ブラックマネーを操る男~ ブログトップ

不発弾~ブラックマネーを操る男~ 第5話のあらすじ [不発弾~ブラックマネーを操る男~]

不発弾~ブラックマネーを操る男~ 第5話のあらすじ

1999年、政府は不良債権問題の一掃ば図り始めとったとよ。
CBFS銀行には免許停止処分が下り、東京支店長の中野(奥田瑛二)は刑事裁判で厳しく追及されるとよ。
一方、予想しとった通り、60億円もの損失の露呈ば恐れる荒井(渡辺哲)に泣ききつか古賀(椎名桔平)は、冷徹に突き放す。
そいで現在。CBFS銀行の資料ば入手し、古賀の関与ば突き止めた弓子(黒木メイサ)は、佐知子(原田知世)の父親についてのある事実ば知るとよ。



nice!(0) 
共通テーマ:テレビ

不発弾~ブラックマネーを操る男~ 第4話のあらすじ [不発弾~ブラックマネーを操る男~]

不発弾~ブラックマネーを操る男~ 第4話のあらすじ

弓子(黒木メイサ)は古賀(椎名桔平)ば追い詰めるため、客ば装い佐知子(原田知世)に接触。4
情報源にするべく、元刑事・弘恵(大沼百合子)ば自身の母親役に仕立て、接近させるとよ。
さかのぼって1990年。
古賀は高額な契約金で外資系銀行に移った中野(奥田瑛二)の誘いば断り、金融コンサルタントとして独立。]
バブルが崩壊すると、荒井(渡辺哲)ら強欲な顧客が抱える巨額損失ばよそに飛ばす。
それは救済ではなく、破滅させるためやったとよ。



nice!(1) 
共通テーマ:テレビ

不発弾~ブラックマネーを操る男~ 第3話のあらすじ [不発弾~ブラックマネーを操る男~]

不発弾~ブラックマネーを操る男~ 第3話のあらすじ

古賀(椎名桔平)の故郷ば訪ねた弓子(黒木メイサ)は、彼の妹や母・良美(山口美也子)ばかりか、良美の愛人やった信金理事長・荒井(渡辺哲)も死んでいることば知るとよ。
さかのぼってバブル期。
古賀は財テクブームに熱狂する荒井ばはじめ欲深い顧客にわなば仕掛け始めとったとよ。
一方、大蔵省からの通達ば機に、中野(奥田瑛二)はある決断ば下す。
そぎゃん中、古賀は佐知子(原田知世)と出会うとよ.。



nice!(1) 
共通テーマ:テレビ

不発弾~ブラックマネーを操る男~ 第1話のあらすじ [不発弾~ブラックマネーを操る男~]

不発弾~ブラックマネーを操る男~ 第1話のあらすじ

1500億円もの不適切会計が露呈した「三田電機産業」。
会見に臨む社長・中谷(小野了)ば裏で操るのは金融コンサルタントの古賀(椎名桔平)やけん。
粉飾決算ば疑う捜査二課管理官・弓子(黒木メイサ)が捜査ば開始した直後、経営監査部・橋本(大高洋夫)が自殺。
そぎゃん中、古賀は中谷、同社相談役・東田(宅麻伸)と密会するとよ。
さかのぼって1977年、炭鉱町の高校3年生・古賀(三浦貴大)は妹・睦美(入山杏奈)と町ば出ようと考えとったとよ。



nice!(0) 
共通テーマ:テレビ
不発弾~ブラックマネーを操る男~ ブログトップ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。