So-net無料ブログ作成
噂の女 ブログトップ

噂の女 第7話のあらすじ [噂の女]

噂の女 第7話のあらすじ

平山市の松崎健吾市長(石丸謙二郎)は、「“平山市に談合でアウトレットモールが建設されることになりよった”とSNSで露見し、ネットニュースで炎上しとった件」ば会見で否定しとるとよ。
一方、平山警察署では、刑事・鹿島尚之(中村俊介)が、糸井美幸(足立梨花)と愛人や婚姻関係やった社長3人が相次いで亡くなっとることに辿り着く。
やけど、上司の刑事・村井浩二(田山涼成)は「捜査はしなくてよか。報告書ばまとめろ」の一点張り。
クラブ『美幸』では、ゼネコン支社長・藤堂淳史(大谷亮介)と元県庁役人・大迫(市川勇)に対し、土木課・吉本拓実(郭智博)が市長からの指示ば伝えとったとよ。
大迫はすぐさまそれば、県議会議員の稲越誠二(大和田伸也)に報告ばし…。
政治の世界で黒い歯車がまさに動き出そうとしとったそん時、庶民らは地元の菩提寺の寄進問題に翻弄されとったとよ。
本殿の建て替えに1人50万円ば要求され、檀家の和田(村松利史)は、檀家総代に抗議しに行くことに。
そこに現れたのはなん故か美幸で…。





nice!(1) 
共通テーマ:テレビ
噂の女 ブログトップ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。