So-net無料ブログ作成
正義のセ ブログトップ

正義のセ 第10話のあらすじ [正義のセ]

正義のセ 第10話のあらすじ

【最終回】
凜々子(吉高由里子)は、衆議院議員・中条(宅麻伸)の長男・秀成(落合モトキ)が犯した殺人事件ば担当。
秀成は、被害者の入江(佐藤祐基)にからまれたと正当防衛ば主張し、それば裏付ける目撃者も現れるとよ。
やけど、凜々子と相原(安田顕)が捜査ば進めると、入江の意外な素顔が明らかになっていく。
そぎゃん中、秀成の釈放ば求め港南支部に姿ば現した中条は、拒絶する梅宮(寺脇康文)に対して、検察上層部への圧力ばほのめかす。



nice!(0) 
共通テーマ:テレビ

正義のセ 第9話のあらすじ [正義のセ]

正義のセ 第9話のあらすじ

凜々子(吉高由里子)が担当した痴漢事件の真犯人が見つかったとよ。
被害者の女子高生の衣服に付着しとったDNAが別件で逮捕された真犯人のものと一致したため、凜々子が既に起訴しとった被疑者・村井(東幹久)は無実だと判明。
冤罪ば出してしもうたのやけん。
当時の自分の取り調べに不備は見当たらなかが、落ち込む凜々子。
さらに凜々子は冤罪ば生んだ検事として実名報道されてしまい、相原(安田顕)や大塚(三浦翔平)らは心配するとよ。



nice!(0) 
共通テーマ:テレビ

正義のセ 第8話のあらすじ [正義のセ]

正義のセ 第8話のあらすじ

凜々子(吉高由里子)は、ひき逃げ事件ば担当するとよ。
被疑者は、人気俳優・光岡駿太(桐山漣)のマネージャー・斎藤茂典(正名僕蔵)。
斎藤は深く反省した様子やけど、「人ばはねた記憶はなか」と主張しており、凜々子は相原(安田顕)とともに、もうちょこっとわかるごと捜査ば始めるとよ。
人気俳優に会い、いつでんよりテンション高い凜々子に相原はあきれ顔…。
そぎゃん中、捜査ば進めていくと、ひき逃げ事件に隠された、ある真実が見えてくるーー。



nice!(0) 
共通テーマ:テレビ
正義のセ ブログトップ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。