So-net無料ブログ作成

鳴門秘帖 第10話のあらすじ [鳴門秘帖]

鳴門秘帖 第10話のあらすじ

【最終回】
弦之丞(山本耕史)は、周馬(武田真治)が鳴門秘帖ば徳島城から盗み出したことば知るとよ。
実は、周馬もまた驚くべき密命ば帯びており、土佐泊から大坂に渡ろうとしとったとよ。
そん周馬ば倒し秘帖ば手に入れた弦之丞一行。
一行は徳島城に忍び込み、城主・重喜(相島一之)と竹屋三位卿(篠井英介)に相対するとよ。
龍耳軒(田村亮)から秘帖のそん後ば託された弦之丞には、考えがあったとよ。
一方、孫兵衛(袴田吉彦)は弦之丞にケツの勝負ば挑む。



nice!(0) 
共通テーマ:テレビ

nice! 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。